電話でのご相談予約はこちら

0120-666-694

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

自転車でも飲酒運転で逮捕される? 逮捕されたら処される罰則と逮捕後の流れとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年09月11日
  • 交通事故・交通違反
  • 自転車
  • 飲酒運転
  • 逮捕
自転車でも飲酒運転で逮捕される? 逮捕されたら処される罰則と逮捕後の流れとは

福岡県を含む全国では、自転車による重大事故が発生していることはご存じのとおりです。そこで、自転車の交通ルールの遵守が課題となっています。
実際に、平成30年9月には福岡県内で酒酔い運転の疑いで自転車を運転していた女性が現行犯逮捕されたという報道がありました。

自動車における飲酒運転は厳しく処罰されることはご存じでしょう。では、自転車の飲酒運転で逮捕されたあとはどのような処分を受けるのでしょうか。
ベリーベスト法律事務所 福岡オフィスの弁護士が自転車による飲酒運転で逮捕されるケースや処分の内容、逮捕されたあとの流れについて解説します。

1、自転車でも飲酒運転はNG! その根拠とは

道路交通法では、自動車だけではなく自転車でも飲酒運転を禁止しています。
お酒を飲んだあと自転車に乗るという話を聞くことがあるかもしれませんが、実は全員道路交通法に違反しているのです。

では道路交通法の条文で、飲酒運転を禁じている部分を確認してみましょう。

道路交通法第65条
何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない。


つまり、車両は酒気を帯びた状態で運転することが禁じられています。
さらに本条の2から4項にかけて、飲んでいる人に車両を貸すことから、運転の予定がある人にアルコールを飲ませることも、運転手が酒気を帯びていることを知りつつ運転させることも禁じられています。

2、そもそも自転車は車なの?

先ほど道路交通法では「何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない」と規定されていることを確認しました。ここには「車両等」と記載されていますね。
実は道路交通法上では「車両等」に自転車も含まれています。

早速、車両等について定義している部分を確認してみましょう。
道路交通法第2条第8項「車両 自動車、原動機付自転車、軽車両及びトローリーバスをいう」

ここには、自転車とは記載されていません。
しかし、次に挙げる軽車両について説明する条文に自転車が登場します。

道都交通法第2条11項
軽車両 自転車、荷車その他人若しくは動物の力により、又は他の車両に牽引され、かつレールに寄らないで運転する車(そりおよび牛馬を含む)であって、身体障害者用の車いす、歩行補助車等及び小児用の車以外のもの(人の力を補うため原動機を用いるものであって、内閣府令で定める基準に該当するものを含む)をいう。


長く難しい文章が続いていますが、自転車が最初に登場していることにお気づきでしょう。ここで自転車が道路交通法上の「軽車両」に該当し、軽車両は「車両等」に分類されていることがわかりました。

つまり、同法第65条で「何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない」の一文で明記されているとおり、自転車の飲酒運転も明確に禁止されているのです。

しかし、お酒を飲んでいても、自転車に乗らずに押していれば道路交通法違反には問われません。

「お酒を飲んだら自転車は押す」ことを心がけると、自転車の飲酒運転で処罰されることはありません。

すでに飲酒運転をしてしまった、警察官に呼び止められたのに逃げてしまったという方は、次の項目で罰則等について解説してありますので、読み進めてください。

3、自転車の飲酒運転の取り締まりを受けたら処される可能性の罰則とは

前述のとおり、自転車でも自動車同様に飲酒運転が禁じられています。
しかし、罰則は自動車の場合とは異なります。ここでは、自転車の飲酒運転で逮捕された場合の罰則について確認しましょう。

  1. (1)自転車では「酒酔い運転」のみ罰則がある

    道路交通法第117条で規定された「酒気帯び運転」の罰則を示した条文には、「軽車両を除く」と明記されています。
    つまり、自動車での酒気帯び運転では「3年以下の懲役または50万円以下の罰金に処する」と規定されていますが、自転車の酒気帯び運転では、取り締まりを受けることはあっても処罰されることはありません。

    しかし、道路交通法第117条の2では、「アルコールの影響により正常な運転ができない恐れがある状態」で運転する「酒酔い運転」をした場合は「5年以下の懲役または100万円以下の罰金に処する」と規定しています。ここには、軽車両も含まれます。

  2. (2)酒酔い運転と酒気帯び運転の違いとは

    自転車が酒酔い運転のみしか、処罰されないということは「酒酔い運転」と「酒気帯び運転」の差が重要になります。

    酒気帯び運転とは、以下の状態を指します。

    酒気帯び運転
    呼気1リットル当たりのアルコール量が0.15mg以上、もしくは血液1ml以上が検出されたとき」と規定されています。それに対して酒酔い運転は「アルコールの影響により正常な運転ができない恐れがある状態


    酒酔い運転には明確な数値条の基準はありません。

    本人の状態によって「酒気帯び」なのか「酒酔い」なのかを判断します。
    具体的には「会話が成立するか」、「まっすぐ歩けるのか」などのテストを行うのです。


    警察庁が発表した「自転車の交通指導取り締まり状況」によると、平成29年に自転車の酒酔い運転による検挙件数は122件でした。平成25年の179件から減少傾向にありますが、警察では悪質で危険な交通違反に対しては厳正な対処をすることを明言しています。

    つまり、自転車を運転する際、飲酒していると逮捕される可能性があるといえるでしょう。

4、逮捕された場合に弁護士に依頼したほうがよい理由

事故を起こした場合も、起こしていない場合でも、逮捕されてしまったときは、弁護士に相談した上でしかるべき対策を行うことをおすすめします。

  1. (1)交通事故を起こした場合は示談を含めて弁護士に依頼すべき

    自転車の飲酒運転で交通事故を起こした場合は、飲酒運転による罰則だけでなく、他の道路交通法違反にも問われます。また、警察などの捜査機関から逃亡や証拠隠滅の危険があると判断されてしまうと、逮捕や勾留など、身柄の拘束を受けてしまう可能性があるでしょう。

    また、被害者の損害を賠償した上で示談交渉を行わなければなりません。示談交渉付きの自転車保険に入っている場合や、自動車保険等の「個人賠償責任保険」があれば、被害者との交渉を保険会社に任せることができます。
    しかし、保険に加入していなければ、自分で交渉しなければなりません。

    飲酒運転が原因で交通事故になった場合、自転車でも自動車でも変わりなく飲酒運転をした者に対する処罰感情が強い傾向があると考えられます。
    したがって、当事者同士の示談交渉は難しいでしょう。

    しかし、早急に示談することで、早期の釈放や処罰が軽減される可能性がでてきます。
    そこで、早期に示談交渉の対応を弁護士に依頼することをおすすめします。

  2. (2)自転車の飲酒運転で逮捕されたあとの流れと弁護士の役割

    たとえ事故を起こしていない飲酒運転でも、現行犯で逮捕されたら警察署に身柄が拘束されてしまいます。警察署内の留置所で48時間におよび取り調べを受けた上で、検察に送致されて、検察官によってさらに24時間を上限に取り調べが行われます。
    この最長72時間のあいだ、家族とも面会することができないことが多いです。

    しかし、面会の制限を受けている期間であっても弁護士であれば接見可能です。弁護士が接見することで、取り調べの際に不利な自白をしてしまうリスクが軽減します。

    検察官による24時間の捜査や取り調べが行われたのちに「勾留」が必要かどうかを判断されます。勾留とは留置所もしくは拘置所に最大20日間身柄が拘束される措置です。

    勾留されてしまうと、会社や学校に行くことができず職や学席を失う可能性は否定できません。できる限り勾留は回避したいところです。

    弁護士に依頼することによって、勾留回避するための弁護活動が可能になります。
    なるべく早く弁護士に依頼することが大切です。

    検察による所定の捜査が完了もしくは、勾留期間が満了すると「起訴・不起訴」が判断されます。起訴されると刑事事件がひらかれます。不起訴になると前科がつくことなく元の生活に戻ることができます。しかし起訴されてしまうと、約99%が有罪となります。
    つまり、前科がついてしまうということです。

    ただし、自転車の飲酒運転では、通常の刑事裁判ではなく「略式起訴」になるケースが多いでしょう。重大な交通事故を起こしている場合は公開された刑事裁判になることもあります。いずれにしても有罪になれば前科がつく点は共通です。

    できるだけ早期から弁護士による対応を依頼したほうがよいでしょう。

5、まとめ

自転車の飲酒運転は「酒酔い運転」のみ逮捕・処罰される可能性があります。
自動車の飲酒運転の取り締まり件数を確認すると、酒酔い運転と判断されたケースはそれほど多くありませんが、交通事故を起こした場合は、状態によっては酒酔い運転とみなされて逮捕される可能性があります。

すでに自転車で飲酒運転をしてしまった、飲酒運転の末、交通事故を起こしてしまった方は弁護士に相談することをおすすめします。
ベリーベスト法律事務所 福岡オフィスでも相談をお伺いします。気軽にご連絡ください。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-666-694

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

福岡オフィスの主なご相談エリア

北九州市門司区、北九州市若松区、北九州市戸畑区、北九州市小倉北区、北九州市小倉南区、北九州市八幡東区、北九州市八幡西区、福岡市東区、福岡市博多区、福岡市中央区、福岡市南区、福岡市西区、福岡市城南区、福岡市早良区、大牟田市、久留米市、直方市、飯塚市、田川市、柳川市、八女市、筑後市、大川市、行橋市、豊前市、中間市、小郡市、筑紫野市、春日市、大野城市、宗像市、太宰府市、古賀市、福津市、うきは市、宮若市、嘉麻市、朝倉市、みやま市、糸島市、その他九州一円(佐賀、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島)にお住まいの方

ページ
トップへ