電話でのご相談予約はこちら

0120-666-694

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

弁護士相談はベリーベスト法律事務所 福岡オフィスへ。
弁護士インタビュー

インタビュー

九州において最大級のターミナル駅、JR九州「博多」駅より徒歩5分と、非常にアクセスのよい場所に位置する、ベリーベスト法律事務所 福岡オフィス。どのような弁護士相談が多く、実際にどのようなポリシーを持って対応しているのでしょうか。福岡オフィス所長、坂口 洋文弁護士にインタビューしました。

Q1.坂口先生が弁護士を志したきっかけを教えてください。

私は、小中学生のころに見たドキュメント系のテレビ番組を見て、弁護士という仕事に淡いあこがれを持ちました。寝ずに仕事に打ち込み、メガバンク合併をほぼひとりで対応しきった弁護士が「合併が成功したのは、銀行側が頑張っただけだ」と語っていた姿に感銘を受けたのです。誰かのよきサポート役となれる弁護士という仕事は本当にかっこいいと思った記憶があります。

しかし、そのまま弁護士を目指したのかといえば違います。高校を卒業した私は、困っている人を助ける仕事をしたいという気持ちから、大学進学時に医学部を選択していたのです。そこで、司法修習生から話を聞く機会に恵まれました。加えて、主人公たちが弁護士を目指すドラマが放映されていたこともあり、再び弁護士への興味がよみがえってきたのです。

医師も弁護士も、人を助ける仕事です。しかし、やはり違いがあります。生きるか死ぬかの瀬戸際に立つ患者に寄り添う医師が戦う相手は、いわば「神様」です。対して弁護士は、神様を相手に戦うわけではありません。法を武器に戦う相手は人です。よい人生になるのか、悪い人生になるのかの瀬戸際に立つ依頼人をサポートすることが、弁護士の役割だといえるでしょう。私は再び立ち止まり考えた結果、「苦しみを感じることは同じであっても、生きていくのであれば苦しい人生ではないほうがよいはずだ」と思いました。そこで、弁護士を目指す道に舵を切りなおしたのです。

実際に弁護士になって、改めて痛感していることは、やはりお客さまへの対応は非常に難しいということです。たとえば、裁判や交渉の場において、スムーズかつ迅速に回答を得られることはほとんどありません。人生にかかわることなので即答できる方は非常に少なく、数週間のタイムラグが発生することがほとんどです。裁判になれば、結論が出るのは数年先のことになってしまうケースもあります。そのようなか、私たち弁護士にとっては、1~2週間程度回答を待つことはごく当たり前のことです。しかし、お客さまにとってはそうではありません。常に、不安を抱いているからこそ、弁護士から連絡がないという状態によってより不安が増してしまうのでしょう。悩みを抱えているのであればなおさら、いち早く不安な状態なら抜け出したいと思うことは当然のことです。

私たち弁護士の仕事は、ただ法律を基準に相談に乗り、交渉をし、トラブルを片付けていくというものではありません。お客さまの心配をほぐす「大丈夫ですよ」の一言がどれだけ大事かということを常々自らに言い聞かせながら、仕事をしています。そこまでできなければ、弁護士ではないとも思っているほどです。

Q2.福岡オフィスではどのような弁護士相談が多いのでしょうか?

坂口 洋文 弁護士

福岡オフィスは、ベリーベスト法律事務所初の地方拠点として平成23年2月に開所しました。私は、入所してから東京オフィス、横浜オフィスに赴任した後、福岡オフィスの2代目所長として着任しています。そもそも私も九州出身ですから、福岡の素晴らしさはよく存じているつもりです。転勤したい街No.1だと言われているようですが、その気持ちがよくわかります。一言でいえば「最高」の街でしょう。

福岡でいただいているご相談でもっとも多いものは、離婚や男女問題についてのご相談です。次に、トラック運転手の方をはじめとした未払い残業代問題を含めた労働問題、そして交通事故、刑事事件、相続と続きます。そのほかにも、これらの分野以外における不法行為に基づく損害賠償請求、企業法務などのご相談も多く承っています。

福岡エリアのご相談で特徴的なのは、全般的にご要望がはっきりされているということだと感じています。特に離婚問題では、ご両親なども一緒に、まさにご家族が一丸となって挑まれるケースが多いようです。労働問題では、働いた分だけ残業代をしっかり払ってほしいというご要望は明確であるにもかかわらず労働契約書がないというケースが目立ちます。全体の8割程度を占めるかもしれません。入社したときにサインをした記憶はあるものの自分はもらっていないということや、そもそも労働契約書がなく口約束のみだったということは少なくありません。さらには、言われるがままにサインした記憶があるものの、何にサインをしたのかがわからないという方もいました。それでも、しっかり証拠をそろえて立証できれば、正当な報酬を取り戻せることがあります。

お金がないから法律相談には行けないと思い込んでしまう方は少なくないようです。ベリーベスト法律事務所であれば、多くの分野で初回の無料相談が可能です。まずは、弁護士に何ができるのか、どうすべきなのかの提案ができます。まずはお気軽にご相談いただければと思います。

Q3.坂口先生にとって弁護士人生を変えたといっても過言ではない案件とは

おそらく一生忘れられないだろう事件があります。若手が入るたび、教訓として伝えている事件です。残念ながら、華々しい成功体験ではありません。いまだに後悔の念にさいなまれることがあるほどです。しかし、あの出来事は、弁護士であれば絶対に忘れてはならない出来事だと私は思っています。

かつて、企業法務の顧問弁護士をしていた企業から、刑事事件のご相談をいただいたことがありました。依頼人は、被疑者のご両親です。被疑者となった本人は、「やっていない」と否認をしていた事件です。

刑事事件弁護において、弁護士は被疑者本人が将来に受けてしまう可能性がある影響や、気持ちを留意して弁護活動を行わなければなりません。しかし、私は彼の弁護をする際、非常に大きな過ちを犯してしまいました。私は、依頼人であるご両親に頼まれるがまま問題ないと判断し、被疑者との面談の際も、依頼人を同席させてしまったのです。被疑者となった彼は、自らの親の目前で、自分自身の心情や真実を語ることができなかったのでしょう。送致を受ける前に自らの命を絶つという選択をしてしまいました。彼の死後、彼が罪を犯していたことを示す証拠となる映像を警察から見せてもらったときは、何かに殴られたかのような衝撃を受けました。

私は、親の前で否認する彼を見て、「本当のことを言っているのだろう」と思い込みました。正直に言えない彼の心情を気づけなかったのは、弁護士である私の過失です。もっとも寄り添うべき時期であったにもかかわらず、的確なサポートができなかったのです。本来ならば、弁護士こそが被疑者にとってもっとも頼りになる存在となります。しかし、本当のことを正直に相談できない状況を、弁護士である私自身が作り出してしまっていたのかもしれません。

私は、刑事事件のことを何もわかっていなかったと非常に悔やみました。もちろん、悔やんでも彼の命は戻りません。そこで私は、二度と同じ過ちを繰り返さないよう、以降は必ず、被疑者本人と1対1で本心を話せるような状況を作り、対応すると心に決めています。さらには、後輩たちにも必ず教訓とするよう、この事件のことを伝えています。私にとって、一生忘れられない事件です。

刑事事件の弁護は、たとえ世間的には「この程度で」といわれてしまうような犯罪であろうとも、弁護士が対応をたとえわずかでも誤っただけで人が死んでしまう可能性がある事件なのです。弁護士である以上、常に肝に銘じなければならないと常々思っています。

Q4.ベリーベスト法律事務所に相談するメリットを教えてください。

坂口 洋文 弁護士

やはり、全国にオフィスがあり、数多くの弁護士が所属しているところが、ベリーベスト法律事務所に依頼する大きなメリットとなると私は思います。

たとえば、ご自身が福岡にお住まいであるにもかかわらず、横浜から訴状が届いた場合、個人の法律事務所であれば、どこに相談すべきか悩むのではないでしょうか。横浜まで毎回相談のために足を運ぶわけにはいきませんし、電話などだけでは不安でしょう。逆に、福岡の弁護士に依頼をしたとしても、横浜まで訴訟のために足を運んでもらうことになれば、膨大なコストや日当がかかることになります。これは、相談するお客さまにとって、大きな出費になりかねません。

しかし、ベリーベスト法律事務所であれば、福岡オフィスと横浜オフィスで連携を取りながら対応することができます。ご相談は福岡オフィスのテレビ会議などを使いながら、綿密な打ち合わせができますし、実際の裁判に近いオフィスの弁護士があなたの代理人として対応することが可能です。

また、膨大な数の事件を扱ってきた実績がありますので、所内でも常に情報を共有し、知識をアップデートし続けられる環境があります。令和元年現在、日本全国どこでもクオリティの高い個人向けリーガルサービスを提供している法律事務所は、ベリーベスト法律事務所が唯一ではないでしょうか。

Q5.弁護士相談に迷っている方へメッセージをお願いします。

インターネット上で法知識を探す方も多いでしょう。しかし、インターネット上の記事にはウソもあり、また個々の事情に沿った解決方法ではありません。そのほかにも、「実際に弁護士を依頼できるかどうかわからない」、「弁護士に相談すべき場面かどうかもわからない」という理由で、相談を迷う方は少なくないようです。しかし、実際に相談にいらしていただければ、肩の荷を少しでも軽く出るよう、私たちベリーベスト法律事務所の弁護士たちは力を尽くします。実際に、依頼に至らなかったとしても、少し楽になったとおっしゃっていただけるケースが多いのです。必ず光が見えるはずです。

人に自分の話をすることが苦手である方や自己の事情を人に知られたくないと考えている方は、壁に話すような気持ちでお話しいただければと思います。壁に話をすることに気を使うことはありませんし、聞いたことを壁が他言することはありません。あなたが「これから話をする壁は、法律知識があり、あなたが知らなかったことを教えてくれる壁だ」というようなお気持ちでよいと思います。実際に無料相談のみという方は少なくありません。しかし、たとえ依頼に至らなくても、真摯にできることの提案を行いますし、できることとできないことを明らかにすることができます。

状況によっては、「あのとき相談に来ていれば」という結果になってしまうケースは少なくありません。また、トラブルが大きく複雑化する前から対応したほうが、打つ手が多く選択肢が豊富にあることは少なくないのです。ひとりで悩まず、まずはご相談にいらしていただければと思っています。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-666-694

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

福岡オフィスの主なご相談エリア

北九州市門司区、北九州市若松区、北九州市戸畑区、北九州市小倉北区、北九州市小倉南区、北九州市八幡東区、北九州市八幡西区、福岡市東区、福岡市博多区、福岡市中央区、福岡市南区、福岡市西区、福岡市城南区、福岡市早良区、大牟田市、久留米市、直方市、飯塚市、田川市、柳川市、八女市、筑後市、大川市、行橋市、豊前市、中間市、小郡市、筑紫野市、春日市、大野城市、宗像市、太宰府市、古賀市、福津市、うきは市、宮若市、嘉麻市、朝倉市、みやま市、糸島市、その他九州一円(佐賀、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島)にお住まいの方

ページ
トップへ