電話でのご相談予約はこちら

0120-666-694

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

残業代が出ないのは違法?確実に未払い分をもらうためには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年08月31日
  • 残業代請求
  • 違法
残業代が出ないのは違法?確実に未払い分をもらうためには

毎日遅くまで残業しているのにその対価が支払われない、あなたの職場ではそんなことはありませんか?
また、自分は営業職だから、あるいは管理職だから残業代が出ないのは当たり前と思っている方、その認識は正しいのでしょうか?
このコラムではどのような場合に残業代が払われないのは正当なのか、また未払いの残業代はどうやったら請求できるのかをまとめています。ぜひ参考にしてください。

1、残業代が出ない!未払い残業代について

  1. (1)残業代の未払いは違法?

    近年は労働契約が複雑化していることもあり、会社側もそれぞれ独自のルールを作るなどして、「可能な限り残業代を払わないで済ませたい」と思っているところもあります。
    違法なルールを作っていることに気付いていない経営者もいるかもしれませんが、中には労働基準法を熟知した上で、上手くその網をかいくぐって残業代を支払わなくて済むように考えているような悪質なケースもあります。

  2. (2)未払い残業代の請求には時効がある

    未払いの残業代を請求できる期間は2年間です。
    労働基準法第115条において、「この法律の規定による賃金(退職手当を除く。)、災害補償その他の請求権は2年間、この法律の規定による退職手当の請求権は5年間行わない場合においては、時効によって消滅する。」と定められています。

    請求しようかと思うが裁判で争うのは面倒だ、などと迷っているうちに、もらうべき残業代がどんどん消滅していく、という可能性もありますから、本来払われるはずの残業代が出なくて困っている方は、なるべく早めに残業代請求に踏み切りましょう。

2、実は残業代を請求できるケース

会社から「管理職は残業代出ないよ」、「うちは年棒制だから残業代出ないから」と言われて、残業代を支払ってもらえていないケースの中には、違法に残業代を支払っていないケースもあります。

具体的なケースについて解説します。

  1. (1)名ばかり管理職

    名ばかり管理職とは、管理監督者としての十分な職務権限を与えられていないにも関わらず、管理職という肩書きだけを与えられ、残業代が支払われていない従業員のことを指します。

    そもそも、管理監督者である従業員に残業代が支払われない根拠はなんでしょうか?
    法律では、労働時間や休憩、休日に関する規定を、労働基準法41条2項に該当する労働者には適用しないと定めているためです。

    • 労働基準法41条2項
      「事業の種類にかかわらず監督若しくは管理の地位にある者又は機密の事務を取り扱う者」


    しかし、労働基準法が言う「管理監督者」とは、過去の判例から判断すると、以下の3つの要件を満たす必要があります。

    1. ①社内の一定の部署を統括する立場であり、会社の経営や重要事項の決定に参画していること
    2. ②自分の業務量を決定する権限があること
    3. ③給与などの待遇が一般従業員より良くなっていること


    つまり肩書だけ部長などと言われていても、それ以前から給与がアップしていなかったり、何の権限も与えられまま責任だけを負わされたり、という状態が名ばかり管理職です。

    業務内容は一方的に指示されることを行っているだけ、経営内容は全く知らされず労働だけを強いられている、といった場合は労働基準法が言うところの管理監督者には当たりません。ですから残業代が払われないのは違法である可能性が高いと言えます。

  2. (2)みなし残業(固定残業制)

    みなし残業(固定残業制)とは、現実に労働した時間を細かくカウントせず、あらかじめ決めておいた時間の範囲内で労働したとみなし、その額を支払うというものです。

    たとえば、会社側は月に20時間と固定で決めているとしても、基本的に予定した残業時間を1時間でも超えて労働した場合はその残業代を支払う義務が会社側にはあります。

    「法定労働時間」という取り決めがあり、1日に8時間、1週間に40時間を超える労働に対しては残業代を支払うのは雇用者の義務です。
    「1ヶ月に〇時間の残業を含む」、という取り決めがあっても、そのあらかじめ決められた時間を超えていれば、それに対する残業代を払わなければ違法性があると言えますから、未払い残業代の請求対象になり得ます。

3、未払いの残業代を請求するために

未払いの残業を請求する際には、まず残業代が支払われていない労働が存在したことを証明しなければなりません。
ここからはその証拠に関することをまとめていきます。

  1. (1)証拠の収集

    残業代が支払われていない事実を証明するためには、以下のような証拠が必要になります。

    勤務時間を証明するもの(タイムカードなど)
    タイムカード、勤務報告書などがあれば明瞭ですが、それらを採用していない会社もあるでしょう。その場合は毎日自筆で書きこんだ記録(実際の勤務時間や移動の方法など)や、退社時にパソコンで時間がわかる画面にしてデスクトップの写真を撮る、など証拠づくりを自ら行いましょう。

    会社側は残業代を支払いたくなければ、「その記録がねつ造だ」という可能性がありますから、写真の画角内にオフィスの風景を入れたり、会社の壁掛け時計なども含めたりした方が賢明です。

    きちんと勤務していたことを証明するもの(日報など)
    ただその時間まで会社にいた、というだけでは残業代は勝ち取れないかもしれません。会社側からただその時間まで無駄にいただけではないか、と言われる可能性があるからです。
    できれば、会社や上司から指示された業務を遂行するためにその時間までかかった、という証明ができれば請求の際に力を発揮します。
    ですからその日の指示内容に対して、どの作業に何時間かかり結果的に残業を行った、など具体的な仕事内容が明記された報告書や日報などがあると有効です。

    業務終了時にその内容を上司にメールしておくというのも良いでしょう。
    メールの場合は日時も残りますから非常に有効性が高い証拠です。

    支払われた額を証明するもの(給与明細など)
    多くの会社では給与明細があると思うので、それはきちんと保管しておきましょう。もし明細が無ければ銀行口座への給与振り込みで金額を証明することも出来ます。

  2. (2)証拠がない場合

    証拠があった方が残業代の未払い請求はスムーズに進められる可能性が高いですが、証拠が十分でなかったとしても労働者側が残業代を請求できた例は存在します。
    ですから、持っている証拠が不十分かもしれない、と自己判断して泣き寝入りする前に、弁護士へご相談ください。

4、残業代について相談するのはどこがいい?

  1. (1)労働基準監督署

    労働基準監督署も未払い残業についての対応は行っています。労働基準監督署と労働局に対する相談は、1年に100万件にも登ると言われています。
    一方、それに対応する労働基準監督官は全国で3000人程度しかいないため、迅速かつ柔軟な対応を求めることが難しい可能性があります。
    また、労働基準監督署は「労働基準法に違反している使用者(雇用主など)を是正し、指導すること」が目的です。「労働基準法に違反している」という確固たる証拠がなくては、そもそも動いてくれません。

    つまり、労働基準監督署に動いてほしければ、あなた自身が、会社が労働基準法に違反しているという具体的な証拠を集めなければなりません。

    残念ながら、証拠もなしに労働基準監督署に相談に行っても「それは酷い!すぐに対応します!」とはならないのです。

  2. (2)社会保険労務士

    社会保険労務士は、年金に伴う相談、人事・労務に関する相談・指導、労働問題に関する相談、社会保険における手続きなどを行う職業および、その国家資格を有する者のことを指します。
    簡単にいうと、社会保険労務士は、会社が扱う「人・モノ・金」のうち、「人」の部分に関する相談やアドバイスを行う専門家です。

    社会保険労務士に残業代の相談を行うことも、もちろんできます。
    依頼をすれば、残業代の証拠の集め方をアドバイスし、その集めた証拠をもとに具体的な残業代を計算してくれるでしょう。

    ただし、社会保険労務士にはあなたの代理人として「会社と交渉する」という行為は認められていません。
    社会保険労務士に相談して具体的な証拠をそろえ、残業代を完璧に算出できたとしても、いざ請求を行う場合には、あなた自身が会社と交渉する必要があります。

    もし、社会保険労務士が「あなたの代わりに交渉も行いますよ!」と言ったら、それは違法行為ですので、そのような社会保険労務士に依頼するのは絶対にやめましょう。

  3. (3)弁護士

    会社側は多くの場合未払い残業代を払いたくない、未払い残業代はないという考えで、あなたの主張を否定してくる場合があります。それに対して、弁護士であれば依頼者の側に立って権利を主張し、残業代請求を行うことができます。

    弁護士に依頼した時点で証拠が不十分である場合、残業代請求を行う際に必要な証拠の集め方などのアドバイスを受けることも可能です。

    前述した通り、社会保険労務士には代理人として交渉することは認められていませんが、弁護士であれば代理人として交渉をすることができます。
    つまり、会社とのやりとりは全て弁護士が代わりに行ってくれるということです。

    また、交渉での解決が難しい場合には、弁護士には裁判の場でも代理人として手続きを行う権限が認められています。
    徹底的に争うことになり、最終的に労働裁判までいくようなケースの場合であっても、最初から最後まで全ての手続きを任せることができる、という点が弁護士の最大の強みと言えます。

5、貰えるはずの残業代が出なくてお困りなら弁護士へご相談を

いかがでしたか。未払い残業代の違法性や、その対処方法について知識を深めていただけたことと思います。

基本的に行った労働にその対価を支払うのは会社側の義務です。残業代の未払いがある場合、「支払ってもらえたらラッキー」なのではなく「会社は当然支払うべき」という態度で臨みましょう。
残業代の未払いに関するお悩みは、ベリーベスト法律事務所 福岡オフィスにお任せください。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-666-694

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

福岡オフィスの主なご相談エリア

北九州市門司区、北九州市若松区、北九州市戸畑区、北九州市小倉北区、北九州市小倉南区、北九州市八幡東区、北九州市八幡西区、福岡市東区、福岡市博多区、福岡市中央区、福岡市南区、福岡市西区、福岡市城南区、福岡市早良区、大牟田市、久留米市、直方市、飯塚市、田川市、柳川市、八女市、筑後市、大川市、行橋市、豊前市、中間市、小郡市、筑紫野市、春日市、大野城市、宗像市、太宰府市、古賀市、福津市、うきは市、宮若市、嘉麻市、朝倉市、みやま市、糸島市、その他九州一円(佐賀、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島)にお住まいの方

ページ
トップへ